アニホビ!

主にオタク趣味やイベントについて書いていきます。その他おすすめしたいもの等あれば紹介します。

ペルソナ5(アニメ)8話あらすじと補足

7話までと同様にペルソナ5の8話の振り替えりと補足をしていきます。今までと同様に、8話以降の内容のネタバレはしません。

 

・前半

祐介が書いた予告状が班目に届いたところから始まりました。古典のいたるところに予告状をはっていたようです。

OPが終わったら一瞬だけ、検事と主人公の対話の場面となりました。この対話が実際の今の時間軸ということを危うく忘れそうになります。

対話の場面が終わると怪盗団が班目パレスにいる場面に戻ります。怪盗団のメンバーで引付役や実行役等分担してお宝を奪いました。

ゲームでも同様の方法でモルガナがお宝を奪います。しかし、そのお宝は偽物。その事実に怪盗団が混乱していると、班目が目の前に現れました。

すると、本物のお宝は班目が持っていたことが分かります。お宝は班目の最初の作品「さゆり」でした。しかしその「さゆり」は今まで公表されていたものと違っていました。その「さゆり」は子供を抱えた母を描いていたのです。公表されている「さゆり」は子供の部分は塗りつぶされたものです。

班目と話をしていると「さゆり」に描かれている女性は、祐介の母だということが分かりました。班目の最初の作品「さゆり」でさえ、祐介の母の作品を盗作したものでした。さらに、班目が祐介の母を見殺しにしたという衝撃的な事実が発覚しました。

それらの事実が発覚したところで、班目との戦闘となりました。班目の墨のような攻撃は、ゲームでは食らって次の攻撃を受けたら必ずダウンしてしまうというものです。それをアニメでは、力が抜けると表現しています。

なんとかその攻撃をしのいで、班目のシャドウを倒すことに成功します。そして班目のシャドウを本人の元へ帰らせることで班目を改心させました。

 

・後半

班目を改心させたので、主人公の家でパーティーをすることになりました。そこで祐介が竜司と主人公の過去を知りたいという流れになりました。

そこで、竜司が自分の過去を話しました。鴨志田に手を出してしまった話です。主人公の話は、話したことになっていました。

班目の家にいたくなかった祐介はその晩、主人公の家にとまりました。しかし次の日、自分は他人と関わる必要性を感じ、寮に入ることを決意しました。

そして、マスターの店に「さゆり」を飾ることとなりました。

 

最後に

班目を倒して、一区切りつきました。でも、まだまだ物語は続きます。今週は以前と違ってEDの後に何もなかったので、来週何が起こるか分かりません。楽しみですね。

 

Triple Monsters LIVE -EVOKE-(トリモン ライブ) レポート

アプリゲームのトリプルモンスターズのライブイベントに行ってきました。イベントの内容等を書いていきます。私はライブのみと思い込んでいたので、ライブ以外のパートがあるのは予想外でした。

参加した演者は以下の通り(ユニットごとにまとめています)

 

・グルーヴィライトブルー

 城田純
 蒼井翔太
 森嶋秀太

 

・バイオレットチャーム

 千菅春香
 佐々木未来
 吉岡茉祐

 

・ピンクスプラウト

 尾崎由香
 西本りみ
 遠野ひかる

 

アプリゲームの中でも3つのユニットに分かれています。それぞれのユニット単位でCDが出ています。開演に関する基本的な情報は以下のようになっています。

 

物販開始15:00
開場17:00
開演18:00
終了20:00

 

今回のライブイベントは主に以下の3部構成でした。

  • 3チームによる、アプリ対決
  • 演者による生アフレコ
  • ライブ

 

3ユニットによる、アプリ対決

 

3チームによるトリモン勝負総当たり戦です。各チーム1台スマホが渡されてて、事前に10連を5回引いてデッキを再考した上での勝負でした。

使うデッキはユニットメンバーの属性でした。ピンクスプラウトは土属性しかいないので、ずっと土属性で戦っていました。自分のユニットの属性のカードを10連で引かなければいけないので完全に運ですね。

結果はグルーヴィライトブルーが2勝、バイオレットチャームが1勝、ピンクスプラウトが0勝となりました。

 

演者による生アフレコ

 

その後に、今回のために作られたストーリーの生アフレコでした。マイクの前に台本を持って立つ声優さん、新鮮でした。そのストーリーは、9人全員がライブイベントで歌を歌わされるという内容だったので、アフレコが終わったらライブという自然な流れになっていました。

 

ライブ

 

ライブのセトリは以下のようになりました。

  1. この世界を愛する全ての者へ(バイオレットチャーム)
  2. せーの DE ドッカーン!(ピンクスプラウト
  3. into one(グルーヴィライトブルー)
  4. 犯した過ちからのPHASE(バイオレットチャーム)
  5. ワクワクが止まらないw(ピンクスプラウト
  6. Last place ~君との約束~(バイオレットチャーム)
  7. ガラスのloveless(グルーヴィライトブルー)
  8. バディファイト×バディファイター(城田純)
  9. DDD(蒼井翔太
  10. この世界を愛する全ての者へ(全員)

 

基本的にはユニットCDの曲を1ユニットずつ交代しながら披露という形。

唯一、ガラスのlovelessが終わった後にグルーヴィライトブルーによるMCが入りました。告知のためでした。その後はブシロードつながりで「バディファイト×バディファイター」と「DDD」となりました。最後は演者さんから一言ずつ挨拶を行い、「この世界を愛する全ての者へ」を演者さん全員で歌って終わりました。

 

最後に

ブシロードを強く意識させられたイベントでした。MCの方はブシロードの方だし、vanguardのカード配布してるし、vanguardの曲歌うし。特別感あってよかったです。

このイベントこんなに豪華なのにチケット4000円しなかったんです。安いですよね。

女性陣は基本的にキャラクタを意識した衣装でした。今後トリモンのライブイベントがあれば参加することをおすすめします。

いつの間にか「とよすプロジェクト」なるものが始まっている

私は豊洲へ行くことが多いのですが、気付いたら「とよすプロジェクト」というものが始まっていました。

 

4月から始まっていたらしい。私が気付いたのは5月中旬でした。意外と広告って見ないものですね。期間は4月2日~7月31日です。このプロジェクトは東京メトロが通勤の混雑緩和を狙って開始したもののようです。

 

豊洲駅のいたるところに機器があり、そこにたどり着くとポイントをもらえ、ポイントをためると色々な景品と交換できるようです。

 

ポイントはオフピークポイントとルートポイントという2つに分けられます。

機器にたどり着いた時間がピークの時間帯より早ければ早いほど多くのポイントを獲得できます。

また、人通りが少ないルートの機器にたどり着くとルートポイントというものが付くようです。

 

オフピークポイントなのですが、8時から9時半まではつかないのです。つまり、8時より前or9時半より後に来ないといけないのです。正直きつい。8時より前に来れる人は限られますよね。

だからルートポイントのみで稼ごうとしても、ルートポイントはオフピークポイントより低いんです。たぶんルートポイントだけでは景品にはたどり着けないと思います。

よく考えられたプロジェクトですね。

 

会社の最寄り駅が豊洲の方はこのプロジェクトに挑戦してみてはいかがでしょうか。

私は朝早いのは厳しいので参加を断念します。

 

最後に

こういうプロジェクトがいたるところで始まると楽しそうですね。景品は豊洲駅周辺でしか使えないです。豊洲へ行く機会がない方にとっては魅力のない景品ですね。

メルカリやって1ヶ月たったので結果をまとめる

家に本が溜まりすぎて、処分したくて始めたメルカリ。1ヶ月やってみて成績と初心者なりに思ったことを書いていこうと思います。

 

●成績

ビジネス書 7冊

小説 2冊

合計利益 4086円

 

最初はよく分からずに安く売りすぎました。

そのせいで利益が低くなってしまいました。

 

約10冊で約4000円、つまり1冊あたり400円程度の利益ということになります。

普通の本屋で売ったら、まずこんな高額で売れることはないですよね。

 

メルカリを使っていて気付いたことをいくつかまとめます。

 

●売る時間帯が割と重要

出品する時間帯によって、売れるスピードが全然違います。特に朝7時から8時までの通勤の時間帯に出品すると売れやすいです。最短で1分で売れたこともあります。

次に売れる時間帯は夕方ですね。たぶん帰宅ラッシュの時間帯です。

 

●無駄なことを書きすぎると売れなくなる

個人的に、出品のところに書くコメントは必要最小限の方がいいと思います。

例えば本を出品した時に小さいシワや汚れがあったとしても詳しく書く必要はないと思います。

本ならば一回読んだことを伝えれば、相手側は多少のよれなどは覚悟するものです。少なくとも私は覚悟します。そんなちょっとしたシワなどが許せない人は中古を買わないはずです。

それなのに小さなシワについて事細かくにかくと余計な不安を与えるだけです。

 

●今まで売れた金額が非常に参考になる

初心者が困るのは価格設定。私は基本的に、自分が売ろうとしてるものを一旦メルカリ内で検索してから値段を決めます。

検索すると過去売れた金額、売れてない金額が分かるからです。出品された時期を見るのも大切です。

発売直後の時期は高めな値段で売れますが、時期がたつにつれ高い値段では売れなくなりますからね。

 

最後に

ビジネス書は売れやすいので、相当古くない限り、メルカリで売ることをおすすめします。最初は抵抗ありますが、1個売れば手続きになれるので全然平気ですよ。

デジモン映画の最終章(6章)を見てきました

先日デジモンの映画の6章(最終章)を見に行きましたので、感想など書いていきます。

今回のデジモンの映画は、どの章もだいたい2週間程度限定上映なので気付いたら公開終了してるんですよ。

今回見れたのは本当にラッキーでした。ネタバレはがんがん書いていくので、ネタバレされたくない方は以降見ないでください。

 

今回のデジモン1章から6章まで振り返ると、選ばれし子供たちの感情の揺れ動きを主に着目されている気がしました。選ばれし子供たちも成長するんですね。個人的にはなんだか少し寂しい気持ちです。

 

子供達の成長と共にデジモンも成長するんですね。6章通して選ばれし子供のデジモン達が全員究極体まで進化しました。感慨深いですね。

 

6章では、テイルモンが究極体になりました。テイルモンが無事正常な進化ができてよかった。メイクーモンと合体して、オルディモンになった時はどうなることかと。ひかりも太一と同じく、暗黒進化させてしまうところは兄妹ですね。

 

ただ、今回はテイルモンの究極体では終わらず、オメガモンも新たな進化を成し遂げていました。オメガモンと他の究極体のデジモンが融合して、光るオメガモンになりました。(このオメガモンのモードの名前は分かりません。。。)

 

光るオメガモンになってから、メイクーモンを圧倒し、切り裂いて倒してしまいました。光るオメガモンになる前に、太一が「最後の俺らは選ばれし子供達じゃない。選ぶんだ!」と言っていました。

 

感動しました。もう選ばれし子供たちも大人になったのですね。

映画のEDは選ばれし子供達によるButterflyでした。もうこの辺で泣いてしまいました。デジモンで泣くとは思いませんでした。映画館内では意外とすすり泣く声がきこえてきたので、仲間がいて安心しました。

 

最後に

映画の最後にデジモンの新たなプロジェクトが始動したとの文字が!まだデジモンは続くようです。アグモンがまだ映画館で会おうと言っていたので、もしかすると映画なのかもしれません。今後も楽しみでなりません。

ペルソナ5(アニメ)7話あらすじと補足

6話までと同様にペルソナ5の7話の振り替えりと補足をしていきます。今までと同様に、7話以降の内容のネタバレはしません。

 

・前半

いきなり班目パレスの中からスタートです。さすが画家。パレスは絵ばかりですね。怪盗団が班目パレスを進んでいくと、ぱっと見入ることができなさそうな扉の前に行きつきました。入れなさそうなので、怪盗団はいったんパレスを後にすることにしました。

 

現実の班目が絶対誰も入ることができないと思っている扉があり、その認知のせいでパレスの扉はあかないようです。

 

その認知を覆すために、杏は祐介のヌードモデルを引き受けるふりをして、家に入り込みます。そしてうまく班目の目の前で、家の開かずの間に入ることに成功しました。そこには盗まれたはずの「さゆり」がありました。

 

その「さゆり」を班目は模写と言いましたが、祐介は間違いなく本物と言い張りました。祐介が理由を問いただすと、班目は逆キレし、警備会社を呼びました。

 

杏とモルガナは逃げるために、班目パレスへ移動しました。そのとき、祐介が近くにいたせいで、祐介も異世界へ連れてくる形になってしまいました。杏、モルガナ、祐介、主人公、竜司がそろったところへ、班目のシャドウが現れ、前半は終わります。

 

・後半

班目のシャドウは、弟子の絵を自分の名前で展示したことを暴露。また、「さゆり」についても、模写を作り商売に使っていたと話しました。

 

話の流れで戦闘になってしまい、戦力が0の祐介が班目に捕まってしまいます。班目は祐介に対し、お前は金を生む高級な家畜、お前を家畜のように飼殺してやる等と暴言をはきまくりました。

 

その言葉を聞いて、祐介はペルソナを覚醒させました。祐介のペルソナは氷属性です。祐介はもう班目のことを先生と呼ばなくなっていました。班目が逃げたので、怪盗団もパレスからいったんひくことにしました。

 

現実に戻ると、祐介は班目が盗用していることに気付きながらも、世話になっている人だから認めたくなかったことを告白。また、これからどうすればよいか分からないと祐介は言いました。

 

それを聞いた怪盗団は、仲間に勧誘。それを祐介も承諾。こうして祐介も怪盗団の一員になりました。また、コードネームはフォックスとなりました。

 

最後に

班目パレスで、主人公と竜司が分からなかった絵画の迷路を祐介はいとも簡単にクリアしてみせました。そのおかげで、お宝のルートの確保が成功しました。どうやら次回は予告状を出すところから始まるようです。

 

【一人飯】とんかつ とん八亭

御徒町駅から徒歩2,3分にある、とん八亭というとんかつ屋に行ってきました。非常においしかったので紹介したいと思います。

このお店は、とんかつ百名店2017に選出されているようです。

営業はお昼だけのようなので注意してください。

 

 

f:id:gtyk1145:20180519180655p:plain

 

土曜の11時40分頃に来店。

5名ほど待っている状態でした。

12時ごろには10人は超える行列になっていました。

 私は12時15分に入店できましたので、列の待ち時間は35分ということになります。

 

店内はカウンターが5,6席と2人席とテーブル席が3つほど。

店内はそこまで広くないので、大人数での訪問はおすすめできません。

私以外にも1人の方が何人かいたので、気兼ねなく1人で行けますよ。

 

私はロースかつ定食を頼みました。1800円です。

ひれかつ定食は2100円でしたよ。

 

f:id:gtyk1145:20180519180833p:plain

 

f:id:gtyk1145:20180519181150p:plain

 

ご飯とキャベツは1回おかわりできます。味噌汁はおかわりすると100円かかります。

かなり肉厚。でも柔らかい。不思議です。

気のせいかもしれませんが、とんかつが少し甘く感じました。

 

小鉢も味がかなりさっぱりしていました。特に大根のさっぱりさには驚きました。

味噌汁も濃すぎない味がよかったですよ。

 

最後に

私は11時40分ごろに並び始めて、店を出たのは13時ごろでした。時間に余裕がある時の訪問をおすすめします。店の方の対応も非常に丁寧でした。機会があれば、是非立ち寄ってみてください。