アニホビ!

主にオタク趣味やイベントについて書いていきます。その他おすすめしたいもの等あれば紹介します。

無料! Google Play Musicの魅力

Googleが提供する音楽サービスのGoogle Play Musicについて語ります。Google Play Musicは有料版と無料版がありますが、私は無料版で事足りています。Google Play Musicは無料版でも以下のような利点があります。

  • 何曲入れても、自分の携帯の容量は減らない
  • アプリさえ入れれば、どの端末でも扱える
  • 簡単に音楽を入れることができる

 

何曲入れても、自分の携帯の容量は減らない

クラウドサービスなので、曲をどれだけ入れても自分の携帯の容量は減りません。だから、iPhoneの容量があまりないけど、ウォークマンなどの音楽を聴く専用の機器を別で持ち歩きたくない方にお勧めできます。また、自分の曲を5万曲保存できるので、十分な量の曲を持ち歩くことができます。

 

アプリさえ入れれば、どの端末でも扱える

基本的に音楽を取り込む時は、パソコンを使うと思います。そして、パソコンと携帯を繋いで音楽の受け渡しを行なっていると思います。しかし、このアプリではその必要はありません。パソコンからGoogle Play Musicに音楽を入れると、その瞬間に変更内容がアプリにも反映されますので、ケーブルでデータの受け渡しは不要です。複数の携帯を持つ方で、一個一個の端末に音楽の受け渡しをしている方はその手間が省けるので特にGoogle Play Musicをおすすめします。

 

簡単に音楽を入れることができる

音楽をドラックアンドドロップで簡単に入れることができます。iTunesなどで音楽を入れている方は、曲のプロパティで曲データの保存場所を見つたら、曲データをGoogle Play Musicにドラックアンドドロップするだけで曲を取り込むことができます。ただ、この時注意が必要なのは拡張子です。「.mp3」や「.mp4」などは取り込み可能なのですが、「.3gp」などは取り込めませんので、「.mp3」などに変換しなければなりません。変換の方法は、「3gp mp3 変換」のようなキーワードで検索すればいくつか見つかるので、それを実施してください。

 

最後に

ここまでGoogle Play Musicについての長所しか書いていませんが、このサービスにも短所があります。それは、通信するので、圏外の場所では音楽を聴くことができないのと、通信量がかかることです。毎月通信制限がかかってしまう方には適していないサービスかもしれません。反対に、私のように毎月通信量に余裕がある人には問題なく使える素晴らしいサービスだと思います。

 

関連記事

実際にiTunesに入っている曲をGoogle Play Musicに入れる方法についての記事は以下になります。

 

www.otaku-gtdiary.com