ワンパンマン 2期 3話「狩りの始まり」あらすじ

ワンパンマンの3話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・ ガロウVSタンクトップマスター

・ ガロウVSA級ヒーロー×2

・ さいたまVSガロウ

 
ガロウVSタンクトップマスター

 

2話で鮮烈なデビューをはたしたガロウ。3話はガロウが大暴れです。最初のガロウの相手は、S級ヒーローのタンクトップマスター。正確には、ガロウVSタンクトップマスターとその弟子たちです。
タンクトップタックル!!
でた!マスターのタンクトップタックル。これで数多くの怪人を鎮めてきたんだ
(弟子たちの解説)
 
この技を受けて立ち上がったガロウを見て…
よし!弟たちよ!撤退だ!
(弟子たちの発言)
 
潔いですね。実際は撤退せずに戦いました。しかしながら、結果はガロウの勝利。怪人の勝ちです。
この場に、S級ヒーロー、シルバーファングの弟子チャランコがいて立ち向かいましたが病院送りとなりました。
 
ガロウVSA級ヒーロー×2

 

ガロウの暴走は止まりません。次はA級ヒーロー2人を同時に相手です。片方は、パチンコ玉を飛ばす技を使い、片方は剣を異常に伸ばせる技を使います。強力な技を持つ2人ですが、これらの技が実はヒーロー名鑑に載っていました。ガロウはそのことを知っていたため、技は通じずガロウの勝利となりました。
 
さいたまVSガロウ

 

A級ヒーロー2人に勝っていい気分になっていたガロウですが、運悪くさいたまと出会ってしまいました。追ってと勘違いしたガロウは、さいたまに攻撃を繰り出しますが、ノーダメージ。さいたまが逆に返り討ちにしてしまいました。実はさいたまは、買い物でたまたまガロウと出くわしただけでした。さいたまはガロウの顔を知りません。知らず知らずのうちにガロウを倒してしまうのでした。

 

最後に

2話からの流れでなぜかさいたまの家にキングとふぶきがくつろぐ状態に。謎の空間。

ガロウが武術の達人と知り、さいたまは武術に興味を抱きます。そこで病院送りにされたチャランコが出るはずだった武闘会に、代わりに参加しようと企てます。今後どうなっていくのか気になります。