ワンパンマン 2期 4話「金属のバット」あらすじ

ワンパンマン2期の4話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・ ガロウ、さいたまの記憶曖昧

・ さいたま替え玉出場する

・ 金属バット大活躍

 
ガロウ、さいたまの記憶曖昧

 

前話でさいたまに一撃で倒されたガロウ。

一瞬でかなりの衝撃で倒された影響で、ガロウの記憶が曖昧です。おそらく、さいたまの記憶がないではないでしょうか。ごみ捨て場で寝ていたガロウですが、なぜゴミ捨て場にいたか分かっていない様子でした。

 
さいたま替え玉出場する

 

前話で、チャンランコがノリで出場登録した武闘大会。武術を体験したい一心で、かつらを被ってチャランコになりすまし、大会へエントリしました。
控室にいるさいたまの元に、チャランコの知り合いである「苦虫」が登場。チャランコではないことが普通にばれると思うのですが…なぜかばれない!
苦虫は、武闘大会について語ってくれました。苦虫曰く、前大会で被り物を被って身分を偽って優勝したものがいた影響で、今大会から被り物はNGだそうです。
被り物…かつらも被り物…
被り物をつけて大会に出たことが知られた場合、逮捕される可能性もあるそうです。
 
金属バット大活躍

 

S級ヒーローに金属バットが、ヒーロー協会のお偉いさんを護衛することになりました。今回は金属バットの実力が見れます。

金属バット1本で、次々と怪人を倒していきます。そうしているうちに、災害レベル竜のムカデ長老が出現。

戦闘している最中に、偶然にもガロウと邂逅。ガロウは金属バットに一撃を繰り出しますが、金属バットはそれをガードします。今後の戦いが気になります。

 

最後に

金属バット1本で怪人たちを次々と倒すS級ヒーロー金属バット。強すぎです。今回は怪人の出現が多かったです。これから怪人の数が増えていくのでしょうか。今後の展開が気になるところです。