アニホビ!

主にオタク趣味やイベントについて書いていきます。その他おすすめしたいもの等あれば紹介します。

ペルソナ5(アニメ)20話あらすじと補足

19話までと同様にペルソナ5の20話の振り替えりと補足をしていきます。今までと同様に、20話以降の内容のネタバレはしません。

 

●前半

モルガナがいなくなって落ち込んでいる双葉と主人公。そう思っていると、奥村パレスと思われる場所でモルガナともう一人の人物の影の描写がうつしだされます。どんな状況になっているのでしょうか。

モルガナのことを心配した怪盗団は、奥村パレスへ行くことに。キーワードは双葉が全力を尽くして調べたようです。

奥村パレスに入ると、動けなくなった従業員を捨てている場面に出くわします。どうやらオクムラフーズはブラック企業のようです。

奥村パレスを調査していると、生体認証が必要な扉に直面。どうすればよいか悩んでいるところに、モルガナと美少女怪盗と自称する人物が目の前に現れます。すると美少女怪盗はいとも簡単に生体認証を突破。しかし、その先に大量の敵が待ち構えていたことから一旦現実に避難することになりました。

美少女怪盗の正体は、同じ学校に通う奥村春。誠が奥村のことを知っていたことからすぐに招待が判明しました。オクムラフーズの令嬢だから、パレスの生体認証をクリアできたようです。

奥村春は、自分の父の本心を知りたいと思っていたので、モルガナに協力していたようです。

そこで怪盗団は奥村春に、協力を求めますが、断られます。奥村春は、怪盗団に不信感を抱いているようです。

 

●後半

怪盗チャンネルにあがっている依頼を誰かがかなえているという情報が三島から届きます。怪盗団には心当たりがありません。怪盗団は、モルガナと奥村春がメメントスに行っていると考え、メメントスで待ち伏せすることに。

待ち伏せは成功し、モルガナと奥村春はあらわれ、説得します。モルガナの心は揺れ動きました。あと少しというところで竜司が余計な一言を言ったせいで、説得に失敗します。

メメントスから出たら、奥村春は自分の婚約相手と出くわします。奥村春の父に決められた婚約相手。奥村春の父の政界進出に必要な結婚です。

婚約相手は、奥村春に乱暴しようとしたので、モルガナが助けに入りますが、蹴り飛ばされます。奥村春がピンチとなりますが、怪盗団が駆け付けたことにより、その場はおさまりました。

モルガナを看病するために、主人公の家に全員集まります。目を覚ましたモルガナは「ずっとここにいたい」と本心を打ち明けました。モルガナが本心を打ち明けてくれたおかげで、モルガナは怪盗団に戻ることができました。

モルガナが本心を言ったところを見て、奥村春も自分の婚約相手が、気持ち悪くて受け付けないと本心を言い放ちました。

 

最後に

EDが終わると、奥村春の父が結婚相手との話が本格的に進んだことを知らせてきました。婚約相手が無理だと言い放った直後の急展開。奥村春としてはなかなか厳しい状況ですね。来週どう動くのか楽しみです。

音楽朗読劇「シラノ」8/15夜の部 観劇

何日間かにわたり行われていた、音楽朗読劇「シラノ」の8/14夜の部を観劇しました。

17世紀フランスに実在した「シラノ・ド・ベルシュラク」の物語。「シラノ」は今回の朗読劇のタイトルでもあり、登場人物でもあります。

この音楽朗読劇「シラノ」は約1週間の間、演者を変えながら行われていました。私が見た回は以下の方々が出演していました。

 

●キャスト

シラノ:中島ヨシキ

クリスチャン:西山宏太朗

ロクサーヌ吉岡茉祐

 

音楽朗読劇

音楽朗読劇ということでしたので、少しミュージカル調になる箇所があるのかと勝手に想像していましたが、そんなことにはなりませんでした。私は朗読劇とあまり違いを感じませんでした。

一応音楽が流れる箇所もあったので、音楽朗読劇の「音楽」の部分を感じられました。ただ、ずっと音楽が流れていわけではないです。重要シーンでは音楽がなかったと思います。重要なシーンは集中していたので私が聞こえなかっただけかもしれませんが。

音楽があったおかげで、情景を想像しやすい部分もありました。

 

詩を重視する世界

シラノは有名な作品で、調べればあらすじが出てくるので、あらすじは省略します。私が各登場人物に抱いた印象は、シラノは自信家、クリスチャンは自信なさげ、ロクサーヌは貴族でした。

ロクサーヌの印象に関しては衣装に引きずられているかもしれません。クリスチャンは終始自分にあまり自信を持っていないような印象を受けました。

私の中で、一番衝撃的だったのがシラノです。事前に少し見たあらすじでは、シラノは自分の醜さをコンプレックスに持っていると書かれていました。

その影響で、私はシラノを自信がない人間と思い込んで観劇しに行きました。ところが、詩には自信を持っており、剣の腕もすごく、声にも自信が満ち溢れているように見えました。

ただ、恋の話になると、自分の外見の醜さゆえ、自信がない様子でした。

 

最後に

今回の音楽朗読劇は、約1時間40分程度でした。

私は1公演しか見ていないので、他公演との比較はできませんが、どうやら演者によって登場人物の印象が変わったようです。演者の方の個性が出ていたということでしょう。

ロクサーヌとクリスチャンが直接会った際に、ロクサーヌがクリスチャンの言葉の陳腐さに幻滅するシーンがありました。

個人的には、今回の朗読劇を見て、詩が重視される世界に生まれなくて本当に良かったと安心しました。

【温泉むすめ】飯坂温泉 観光記録

お盆に飯坂温泉に観光してきました。飯坂温泉に興味がある方のために、今回私が飯坂温泉へ行った際に思ったことを書いていきます。

飯坂温泉には、飯坂温泉駅があるので、比較的アクセスは良いのではないでしょうか。

f:id:gtyk1145:20180815095232j:plain

f:id:gtyk1145:20180815095240j:plain

 

f:id:gtyk1145:20180815100837j:plain

 
アクセス

福島駅から20分~30分に一本、飯坂温泉駅を通る電車があるみたいです。

車がなくても行けないことはありません。実際、電車で来ている方も見かけました。

ただ、私は車で行きました。今では車で行ってよかったと思っています。理由は飯坂温泉街の周辺に食事の場所があまりないから。

飯坂温泉と聞けば、円盤餃子を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。円盤餃子が食べられるお店は確かに飯坂温泉にはあります。しかし、店数が少ない。

店舗が少ないので、人がそこに密集し、行列ができてしまいます。実際私も19時過ぎに円盤餃子を食べようと2店舗ほど、足を運びましたがすぐには入れない状態でした。

そこで私は20分程度かけて福島駅まで車を走らせ、無事円盤餃子を食べることができました。

f:id:gtyk1145:20180815094622j:plain

 

ちなみに上の円盤餃子は、蘂(はなしべ)というお店のものです。この餃子には、ニンニクが使われていません。お好みでニンニクをつけるというスタイルでした。ニンニクはなくても味はかなりしっかりしていました。ニラが強かったです。

ちなみに同じ店に、いかにんじんもありました。(福島県グルメ)

f:id:gtyk1145:20180815100525p:plain

 

せっかくの温泉街なので、夕食付のプランを予約するのもありかもしれません。

 

温泉

私は夕方に飯坂温泉についたためか、別の温泉に入るために出歩いている方をあまり見かけませんでした。みなさん旅館の温泉を楽しんでいるのでしょう。実際に私もそうでした。

 しかし、日帰り温泉をやっているところもたくさんあるみたいなので、日帰りでも行くのはありだと思います。日帰り温泉をやっているところは以下の飯坂温泉オフィシャルサイトを確認すれば分かります。

日帰り温泉 | 飯坂温泉オフィシャルサイト

 

飯坂温泉は熱いので、入浴する際には注意してください。慣れれば大丈夫ですが、入る時は結構熱く感じます。

 

最後に

温泉街なので、時間に余裕があれば散歩してみるのもありです。

f:id:gtyk1145:20180815101032j:plain

f:id:gtyk1145:20180815101036j:plain

 

上の写真は、夜に少し散歩して撮った写真です。

 時間がなかったので今回はできませんでしたが、昼に飯坂温泉街を歩いてみたいところです。今年の10月5日から7日には飯坂けんか祭りと呼ばれるお祭りがあるので、その時期にあわせて訪問するのも良いかもしれません。

行ったことがない方は是非、行ってみてください。

ペルソナ5(アニメ)19話あらすじと補足

18話までと同様にペルソナ5の19話の振り替えりと補足をしていきます。今までと同様に、19話以降の内容のネタバレはしません。

 

●前半

修学旅行の時期になりましたね。

主人公の学校も佑介の学校も同じ時期に同じ場所で修学旅行とのこと。

場所はハワイ。なぜか、誠も付き添いという形で一緒に行くことになりました。

話は変わって真面目な話。怪盗チャンネルで1位になった人を狙うと決めている怪盗団ですが、1位が刻々と変わって行くため、誰が1位か決められません。

そこで誠の姉のパソコンからデータを盗み取ることになりました。双葉の技術の活躍です。

パソコンのデータを分析している間に、大きな事件がありました。校長が死んだのです。どうやら校長は、横断歩道を渡っていたところで植物状態にされ、殺されたようです。

 

●後半

三者の目からは、精神が抜かれたように見えたので、誠の姉は校長死亡事件も怪盗団の仕業ではないかと考えているようです。

時間が経ち、誠の姉のパソコンデータの分析が終わりました。結果、株式会社奥村フーズの社長の奥村が怪しいとなりました。都合がいい時に、奥村にとって都合がいいことが起きているようです。

奥村にパレスがあることもすでに双葉が確認しています。

流れで次のターゲットは奥村で全会一致と思われましたが、そうはいきませんでした。急激な怪盗団ブーム、自分らの行いが殺人になってしまう可能性、色々な意見がぶつかり合ってしまいました。改心させるべきと考えているモルガナは、その状況に堪えられなくなり、一人でも改心させると言い放って去ってしまいます。

 

最後に

EDの後におそらく奥村パレスと思われるところで、倒れているモルガナの描写が映し出されます。そこでモルガナの前に人影が現れ、そこで今回は終了となりました。

次回からはどうやら奥村パレスの攻略にうつるようです。誠の姉が、奥村について語る際、意味深な発言をしているので、おそらく今までのパレス攻略と違った結末になるのでしょう。これからも楽しみですね。

ニューバランス原宿店に行ってきました

先日、ニューバランスの原宿店に行ってきました。ニューバランスに少し興味あるけど、一般的な靴屋さんでは自分の欲しいニューバランスの靴がないという方におすすめしたい。

そういう方々向けに今回は、私がニューバランス原宿店に行ったときの感想等を書いていこうと思います。

ニューバランス原宿店は、原宿駅の竹下口から竹下通をずっとまっすぐ進み、竹下通りを出たところにそびえたっています。目の前に「NB」というロゴが見えるので、迷わないと思いますよ。

私が行ったのは、土曜日の午後3時半ごろ。混んでいてあまり靴を見ることができないことも覚悟していたのですが、そんなことはありませんでした。

3階がメンズのフロア。3階には、おそらく15人程度しかお客さんがいなかったと思います。

スニーカーの壁

スニーカーばかりがずらーっと並んでいると思っていたのですが、そうではありませんでした。服も売っていました。ランニングの時等に着る服等でした。もしかすると壁一面にスニーカーが並べられている店内の写真を見た方がいるかもしれません。

店内のスニーカーの8割があそこに並べられています。言い換えると、あの壁以外にはあまりスニーカーが配置されていません。(私は実際に行く前、スニーカーの壁が何個もあると勘違いしていました)

オーダーメイドのスニーカーも作れるみたいですが、私は作っていないのでよくわかりません。

NB専門店なので、ABCマート等と比較するとさすがに品ぞろえは良いです。ただ、新しいものやデザイン重視のものが多いので、私が見た限りでは1万円きるスニーカーはありませんでした。

スニーカーの種類

店員さんにお聞きしたのですが、この店では基本的に細身のものしか売っていないらしいです。幅広を選択できるスニーカーは、私が行った時点では、1種類しかないとのことでした。

幅広でないとはけない方は、逆に一般的な靴屋さんに行った方が気に入ったものが見つかるかもしれません。ですが、店員さん曰く、幅広でないとはけないと勘違いしている方もいるようなので、一度訪問して聞いてみるのもありだと思います。

基本的に試着する際は、店員さんにお願いしないといけないので、その際に色々聞くことをおすすめします。店員さんとお話するのが苦手な方は、このお店は向いていないかもしれません。

でも、店員さんの接客は丁寧なので、行ってみて損はないと思います。しっかり紐をほどいてくれて、紐をしっかり結ぶところまでやってくれます。もしかすると当然の接客なのかもしれませんが、私は感動しました。

最後に

常に店員さんの内、1人は手が空いている状態だったので、話かけやすかったです。分かりやすさから、原宿駅からの道のりを書きましたが、明治神宮前駅の方がちょっと近いです。2,3分程度の差なので、地図に自信がない方は原宿からの方が分かりやすいと思います。

WUG HOME ツアー 大宮公演昼夜 レポート

HOMEツアーPART1の千秋楽、大宮公演に参加したので、内容をまとめようと思います。昼夜に参加したので、昼夜まとめて書いていきます。

 

●昼の部

開場 11:00

開演 12:00

終演 14:30

場所 大宮ソニックシティ

 

●夜の部

開場 16:00

開演 17:00

終演 19:30

場所 大宮ソニックシティ

 

 物販は大宮がPART1の最後ということもあり、物販開始直後くらいに行っても30分程度で買うことができました。前日物販があったことも、混んでいなかった要因かもしれません。

大宮公演のセトリは以下のような内容でした。昼、夜で違った箇所は太字にしています。

●セトリ 

  1. SHIFT
  2. 恋?で愛?で暴君です!
  3. 地下鉄ラビリンス
  4. 君とプログレ
  5. 昼:シャツとブラウス/夜:ジェラ
  6. タイトロープ ラナウェイ
  7. 無限大ILLUSION
  8. ハジマル
  9. ステラ・ドライブ
  10. 魚と歌とハダシとわたし
  11. スキ キライ ナイト
  12. 可笑しの国
  13. オオカミとピアノ
  14. WOO YEAH!
  15. もってけ!セーラーふく
  16. 昼:16歳のアガペー/夜:ゆき模様 恋のもよう
  17. タチアガレ!
  18. 昼:ワグ・ズー・ズー/夜:HIGAWARI PRINCESS(Kaya ver.)
  19. 極上スマイル
  20. Polaris

アンコール

  1. One In A Billion(WUG ver.)
  2. 僕らのフロンティア
  3. 7 Senses

他の公演と違っていたところを中心に書いていきます。

「無限大ILLUSION」では、WUGちゃん全員仮面を持って登場。片手に仮面、片手にマイク。踊るの大変そうだなと感じていた矢先、仮面を投げ捨てました。仮面をつけていた時間はほぼありませんでした。

キャラソンメドレーでは、かやたんとななみんは2階の観客席に立って歌うという予想外な展開でした。不自然に座席が空いている箇所があったのは、そのためでした。

最も近い人は、前の座席にかやたんやななみんがいる状態だったので、びっくりしたんじゃないかと思います。

近すぎるので、後ろに仰け反ってサイリウム振っている方もいました。気持ちは分かります。

キャラソン第一弾といえば、ななみんのキャラソンが威力ありますよね。ただ、今回のななみんキャラソンはあいちゃんのキャラソンが終わった瞬間にきたので、初見ではおそらく最初の「シャン」はいえなかったと思います。

自分は最初の「シャン」が言えなくて悔しかったので、夜公演ではずっと「シャン」待機していました。

 

●リーディングライブ

今回はわぐちゃんとずんだのお話。わぐちゃんの元に、ペットを紹介する取材の仕事が舞い込んできました。わぐちゃん達のペット言えば、ずんだですね。

ずんだとの取材が2日後と迫った日、わぐちゃん達が、タチアガレ荘に帰ってくるとずんだの姿がありません。

家中を探しても、出てこないので、みんなで外に探しに行くことになりました。手分けして探したのですが、結局見つかりませんでした。諦めて帰ったら、探していたはずのずんだが家にいました。

後に大家さんからの電話で、ずんだは周りの色んな家から食べ物をもらっていたことが分かりました。ずんだは、わぐちゃんと同じ、地域のアイドルだということがわかり、朗読は終了となりました。

 

最後に

とうとうHOMEツアーのPART Iが終わってしまいました。

PART1の千秋楽というためなのか、ダブルアンコールが起きました。WUGちゃん達は想定してなかった様子でした。ダブルアンコールの声を最初にあげてくださった方に感謝です。

SHIFTに関しては、PART1であれだけ派手に披露されているので、今後PART2、PART3では歌われないかもしれません。それ以外の曲も、今後歌われない曲があるかもしれないので、そう考えると非常に寂しくなります。しかし、まだPART2、PART3があるので、楽しみです。

ペルソナ5(アニメ)18話あらすじと補足

17話までと同様にペルソナ5の18話の振り替えりと補足をしていきます。今までと同様に、18話以降の内容のネタバレはしません。

 

・前半

怪盗団の仲間になった双葉ですが、まだコミュニケーションに難ありの状態。そこで親睦を深めようということになり、毎日怪盗団の誰かしらと一緒にいようということになりました。

コミュニケーション能力向上の最後として、みんなで海に行くことになりました。海を十分に楽しんだ後に、双葉が自分の過去を改めて語りだしました。

双葉が語った内容は以下のことです。

  • 母のことばかり考えるあまり、認知の迷宮にとらわれた
  • 改心にあまり興味はなく、怪盗団に協力する理由は母の死を知りたいため
  • 認知世界の自分が死ぬと現実世界の自分は意識不明となってしまう(母の研究より)
  • 母が交通事故で死んだとき、車に飛び込んだというより意識がなくなり倒れこんだように見えた

 

・後半

双葉を連れてメメントスへ行くことになりました。双葉のコードネームは「ナビ」に決まりました。双葉は支援中心なので、戦闘に参加しません。ゲームでも、攻撃力アップ等、支援を行ってくれます。

メメントスに入ったら、更に奥に進めるようになっていました。どうやら怪盗団の活躍により、メメントスで進める箇所に変化が出てくるようです。

このころから怪盗団に対する人気が上がっていきました。

場面は変わって、ルブランにてマスターが主人公に対して双葉の母について語りはじめました。どうやらマスターも双葉の母は殺されたと思っているようです。証拠はないようですが。ただ、双葉の母は死ぬ少し前にマスターに、自分は死ぬかもしれないと言っていたようです。SOSですね。

 

最後に

EDの後に、現実の時間軸に戻り、次に心が盗まれたと思われるターゲットの話になります。次のターゲットは奥村という男のようです。検事である誠の姉が、この件についての発言は重いと述べているので、今までの心の怪盗とは少し様子が違うのかもしれません。次からまた楽しみです。