青ブタあらすじ ~映画に行く前にアニメを振り返りたい人へ~

青ブタの映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」が公開されました。
この映画、完全にアニメの続きとなっております!
映画のはじめに軽くあらすじがあるのだろうと思っていましたが、全くありませんでした。
つまりアニメの内容を知らないと面白さが半減!
ということで、アニメを振り返っていきたいと思います。
 
目次
 

思春期症候群

この物語で最も重要になる「思春期症候群」
「思春期症候群」とは、他人の心の声が聞こえた、未来が見えた等の噂話の類のこと。
 
思春期症候群は、嫌なことや悩みによる思春期特有の不安定な精神が引き金となります。
思春期症候群は都市伝説として知られていたものですが、
青ブタでは色々な子がこの思春期症候群にかかっていきます。
 

桜島麻衣 ~透明化~

主人公の咲太はある日図書館に行った。そこに…
野生のバニーガールが机の上にいる!
という常識外れの状況に陥る。これが咲太と桜島麻衣の出会いでした。
 
桜島麻衣は咲太の先輩で、元々子役出身の女優でしたが、事情があり女優業を休業していました。
麻衣が思春期症候群として陥っている現象は透明化。
 
自分が透明になっていると知っていて、バニーガールの恰好をしていました。他の人には見えないはずのバニーガール姿を咲太だけが見えていたので、行動を共にするようになりました。
 
この透明化になるということは姿が消えるだけでなく、存在も人々の記憶から消えていくという恐ろしい現象でした。ただ、咲太の活躍のおかげで、人々の記憶から消えることを阻止できました。
 
世界は桜島麻衣を取り戻しました。
この事件をきっかけに、麻衣は芸能活動を再開し、咲太と麻衣は付き合うようになりました。
 

古賀朋絵 ~繰り返す日々~

咲太の1つ下の後輩である古賀朋絵。
今回は日々が無限ループするという現象。
古賀の悩みが解消されるまでループから脱出できません。
 
このループ現象は2回ありました。
1回目は咲太の介入により解消。
2回目は咲太が原因で発生しましたが、咲太によって解決しました。
 

双葉理央 ~ドッペルゲンガー

咲太の同級生で友達の双葉理央。
今回は双葉理央のドッペルゲンガーが出現するという現象。
つまり双葉理央が2人いることです。
 
本物は眼鏡をかけていますが、ドッペルゲンガーは眼鏡をかけていないので見分けはしやすいです。
今回は、国見と咲太に彼女が出来て、自分から離れていくのでは?
という不安が原因で引き起こされたました。
 
今回も咲太のおかげで2人が統合され、元の双葉に戻りました。
 

豊浜のどか ~入れ替わり~

豊島のどかは、桜島麻衣の妹です。
今回は豊島のどかと桜島麻衣の体が入れ替わる現象です。今回の場合は原因は明確で、桜島麻衣(姉)へのコンプレックス。
 
麻衣とのどかがしっかりと話会うことで解決し、お互い元の姿へ戻ることができました。
この事件を経て、豊島のどかは桜島麻衣のことが大好になりました。
 
 

梓川花楓(かえで) ~解離性障害

咲太の妹である梓川かえで。
中学生にクラスメイトからSNSでのいじめにあり、その時の書き込み見ると体に傷が刻まれるという現象に陥ります。過度なストレスが原因なのか、かえでは記憶を全てなくし、別の人格が生まれました。
 
咲太は別人格に対し、「かえで」と名前を付けました。家の外に出ることができなかったかえでですが、努力して外に出られるようになります。
 
しかしながら、最終的に「かえで」としての人格は消えてしまい、元人格の「花楓」が目を覚ましました。
 

牧之原翔子 ~映画のヒロイン~

咲太が昔悩んでいる時に、助けてくれたのが高校生の牧之原翔子です。
咲太の初恋の相手です。
 
アニメではなぜか小学生の姿をした牧之原翔子と出会います。
小学生の牧之原翔子と高校生の牧之原翔子の関係は映画を見ると分かります。
 

最後に

今回は思春期症候群の途中の内容はかなり省いています。
気になった方はアニメを見返すと良いと思います。

ワンパンマン 2期 9話「最強の悩み」あらすじ

ワンパンマン2期の9話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・助けに来たさいたま、無双する

・さいたま強すぎて悩む

・再戦「さいたまVSガロウ」

 
助けに来たさいたま、無双する

 

前話でスイリューの助けに応じて現れたさいたま。スイリューを苦しめたバクザンを一撃で倒してしまいました。やはり規格外の強さ。

バクザンを一撃で倒したさいたまは、スイリューから更なる強敵、ゴウケツの存在を知ります。スイリューは恩人であるさいたまを無駄死にさせまいと必死にさいたまを止めます。しかし願いは叶わずさいたまはゴウケツの元に向かってしまいました。

恩人を死なせてしまったことに後悔していたスイリューの元に、ゴウケツの首が降ってきました。やはりさいたまは、一撃でゴウケツを倒してしまったようです。

 
さいたま強すぎて悩む

 

さいたまがゴウケツと戦っていた間に怪人協会の怪人達は一斉に消えてしまいました。さいたまが怪人のいなくなった場所を歩いているとキングに出会いました。
 
さいたまは、キングに、自分が強くなりすぎて自分の成長も感じれずヒーローとしても敵なしなので…と悩みを打ち明けます。
 
が…キングは論理的にさいたまを諭し、さいたまは納得。さいたまでも、まだヒーローとして伸びしろがあるようです。
 
再戦「さいたまVSガロウ」

 

S級ヒーローの番犬マンと戦っていたガロウですが、どうやら惨敗したようです。なんとか逃げてきたところに、さいたまと喋っているキングを発見。
 
チャンスとみたガロウは、キングに襲いかかろうとしますが、さいたまに蹴られて敗北。
 
またしてもさいたまは知らず知らずのうちに、ヒーロー狩りのガロウを倒してしまったのでした。
 

最後に

S級ヒーロー駆動騎士のおかげで、怪人協会のアジトのおおよその位置は把握できました。これから殴り込みに行くのでしょうか。

 

今回は内容が盛りだくさんでした。他にも音速のソニックが火にかけた怪人細胞を食べたり(ソニックはお腹を壊す)、その辺を歩いてた本物のゴリラっぽいやつが怪人を一撃で倒したり…

今後の展開も楽しみです。

ワンパンマン 2期 8話「強い奴の抵抗」あらすじ

ワンパンマン2期の8話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・武闘大会参加者、次々怪人化

・ゴウケツVSスイリュー

・スイリュー助けを呼ぶ

 
武闘大会参加者、次々怪人化

 

ゴウケツという怪人が、武闘大会の会場に出現します。どうやらゴウケツは、第一回武闘大会の優勝者のようです。怪人に倒されて死んだと思われていたゴウケツは、怪人にさらわれ怪人化させられたようです。

ゴウケツは武闘大会参加者に怪人細胞を食べるように発言。参加者の何人かは、力を求め怪人細胞を食べ、怪人になってしまいました。ただ、怪人化したものは、スイリューに倒されてしまいました。

 
ゴウケツVSスイリュー

 

怪人化したものは全て倒し、ついにゴウケツとの対決。しかし、ゴウケツの力は圧倒的でスイリューは手も足もでませんでした。ただ、ゴウケツの部下3人は、A級ヒーロー2人と協力することで倒すことができました。
 
スイリュー助けを呼ぶ

 

武闘大会参加者の1人であるバクザンが怪人化し、ぼろぼろのスイリューにいたぶります。とどめをさそうとした時、スイリューはヒーローに助けを呼びます。
「誰か、助けてくれー!!怪人に襲われているんだ!お願いだ!ヒーロー聞こえていたらこっちに来てくれ!」
誰にもその声は届かないと思われたその時、1人のヒーローが現れました。さいたまです。
「助けを呼ぶ声、聞こえたぜスイリュー。1人でよく耐えたな。あとは任せとけ」
まさにヒーローの発言。
 

最後に

ヒーローという職業の必要性があることを感じる回となりました。次回からさいたまの活躍が期待できそうです。次回も楽しみです。

ワンパンマン 2期 7話「S級のヒーロー」あらすじ

ワンパンマン2期の7話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・ S級ヒーロー達の本格始動

・ 武闘大会決着 さいたまVSスイリュー

 
S級ヒーロー達の本格始動

 

各地でS級ヒーロー達が本格的に動き出します。S級ヒーローの童帝、豚神、駆動騎士、閃光のフラッシュ、旋律のタツマキ、アトミック侍などなど。それぞれが様々な相手と戦います。

童帝は怪人の毒に対する解毒薬を作り、豚神は、怪人を丸のみしてしまいました。

アトミック侍は、怪人細胞を食べて怪人となった元人間と対峙。苦戦するかと思いきや、一撃で倒してしまいました。やはりS級はA級と比較すると格が違います。

 
武闘大会決着 さいたまVSスイリュー

 

決勝は案の定、さいたまVSスイリューとなりました。スイリューは高速で攻撃をくりだしますが、さいたまにはノーダメージ。やはりさいたまは強いです。戦いの最中で、スイリューはヒーローをけなすような発言をしてしまいます。そのことに激怒したさいたまはスイリューの攻撃によりカツラが落ちたことに気づきませんでした。
被り物がばれたさいたまは失格となり、スイリューの優勝となってしまいました。スイリューは結果に納得できず、闘いを続けます。スイリューの武術を見て、さいたまは…
「なるほど!武術とは、何かかっこいいものだな!」
と物凄い浅い発言。浅すぎる理解に激怒してさいたまに突っ込んだスイリューですが…
ヒップアタックをくらい場外であえなく敗北。スイリューかわいそうです。

最後に

ジェノスはどうやら災害レベル竜のゴウケツという怪人に倒されたようです。そのゴウケツは武闘大会に向かっている模様。さいたまと出会うのか。武闘大会は終わってしまいましたが今後どうなっていくのでしょうか。気になるところです。

ワンパンマン2期 各話のあらすじ

ワンパンマン2期の各話のあらすじをまとめていきます。

短時間で振り返ることができるように一言でまとめています。詳細については各々の記事をご覧ください。

 

1話:ヒーローの帰還

  •  S級ヒーローのキングが、実は弱い
  •  さいたま、キングの正体を知る
  •  緊急対策会議が開かれる

 

2話:人間の怪物

  •  怪人と自称する人間、「ガロウ」が出現
  •  ソニックVSジェノス
  •  さいたまVSふぶき

 

3話:狩りの始まり

  •  ガロウVSタンクトップマスター
  •  ガロウVSA級ヒーロー×2
  •  さいたまVSガロウ

 

4話:金属のバット

  •  ガロウ、さいたまの記憶曖昧
  •  さいたま替え玉出場する
  •  金属バット大活躍

 

5話:武術の大会

  •  各地で続々と怪人出現
  •  金属バットVSガロウ
  •  武闘大会スタート

 

6話:怪人の蜂起

  • ジェノス始動
  • 旋律のタツマキ現る
  • 武闘家スイリュー強し

 

7話:S級のヒーロー

  • S級ヒーロー達の本格始動
  • 武闘大会決着 さいたまVSスイリュー

 

8話:強い奴の抵抗

  • 武闘大会参加者、次々怪人化
  • ゴウケツVSスイリュー
  • スイリュー助けを呼ぶ

 

9話:最強の悩み

  • 助けにきたさいたま、無双する
  • さいたま強すぎて悩む
  • 再戦「さいたまVSガロウ」

 

ワンパンマン 2期 6話「怪人の蜂起」あらすじ

ワンパンマン2期の6話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・ ジェノス始動

・ 旋律のタツマキ現る

・ 武闘家スイリュー強し

 
ジェノス始動

 

武闘大会の会場近くにも怪人が出現。怪人がさいたまの邪魔をしないようにジェノスが始動。相変わらすジェノスの攻撃力は半端ない。

ただ、ジェノスでも苦戦する相手が出現。ゴキブリの様相をした怪人で、早すぎて攻撃が当たりません。それに対抗するためにジェノスは使いたくない技と言い放ち…

超強力な瞬間接着剤

を利用。対ソニック用の秘密兵器だったようです。これにより怪人の動きが止まり、攻撃が当たりました。

 
旋律のタツマキ現る

 

旋律のタツマキの妹である、ふぶきと怪人ドSの戦闘開始。ふぶきがダメージを追うと、旋律のタツマキが出現しました。怪人側からしても旋律のタツマキは化け物レベルの強さのようです。
今回はほとんど戦うシーンはなかったですが、ふぶきが苦戦していた怪人ドSを一瞬で撤退させるレベルでは強いようです。
 
武闘家スイリュー強し

 

武闘大会3連覇しているレジェンドのスイリュー。A級ヒーローのイナズマックスとスネークを軽く倒してしまいました。スイリューの実力は相当のようです。もしかしたら、さいたまに武術を体験させてあげられる存在かもしれません。

 

最後に

S級ヒーローのメタルナイト、金属バット、ジェノスが戦闘不能になっているようです。怪人協会の力おそるべし。現状だとヒーロー協会が圧倒的不利のような気がしますが、今後挽回できるのでしょうか。今後の展開が楽しみです。

ワンパンマン 2期 5話「武術の大会」あらすじ

ワンパンマン2期の5話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・ 各地で続々と怪人出現

・ 金属バットVSガロウ

・ 武闘大会スタート

 
各地で続々と怪人出現

 

前回出現したムカデ長老に続き、次々と怪人が現れます。怪人名マーシャルゴリラ、ドS、ヘドロクラミル、フェニックス男等々。どれも災害レベル鬼レベル以上。ヒーロー協会の対応が追い付きません。どうやら出現している怪人は、怪人協会に所属する怪人のようです。怪人にも協会が存在するとは驚きです。

 
金属バットVSガロウ

 

ムカデ達との対決でボロボロの金属バットVSガロウ。戦っている内になぜか身体能力が上がっていきます。このガロウの疑問に対する金属バットの返答は…
気合だ気合!
謎の理論を振りまいて闘いは続きますが、思いもよらむ形で戦いは終了します。金属バットの妹が現れ、闘いはもう終わるように宣言。
「バットお兄ちゃんは私の前で暴力を振るわないと約束しているの!」
というのが理由のようです。またまた謎理論です。
気分が乗らなくなったのか、ガロウも闘いを終わらせて去っていきました。
 
武闘大会スタート

 

遂に武闘大会が始まります。武闘大会にはA級ヒーローも出場しています。まあ、おそらくさいたまの敵ではないでしょうが。

 

最後に

やっと武闘大会が始まりました。意外と始まるまで時間がかかった印象。これから強者とさいたまの激戦が始まるのか、もしくはまたまたワンパンで決めてしまうのか、先が楽しみです。