ワンパンマン 2期 7話「S級のヒーロー」あらすじ

ワンパンマン2期の7話の内容を振り返ります。

ネタバレ満載なので、ネタバレが嫌な人は読まないでください。

 

あらすじ

・ S級ヒーロー達の本格始動

・ 武闘大会決着 さいたまVSスイリュー

 
S級ヒーロー達の本格始動

 

各地でS級ヒーロー達が本格的に動き出します。S級ヒーローの童帝、豚神、駆動騎士、閃光のフラッシュ、旋律のタツマキ、アトミック侍などなど。それぞれが様々な相手と戦います。

童帝は怪人の毒に対する解毒薬を作り、豚神は、怪人を丸のみしてしまいました。

アトミック侍は、怪人細胞を食べて怪人となった元人間と対峙。苦戦するかと思いきや、一撃で倒してしまいました。やはりS級はA級と比較すると格が違います。

 
武闘大会決着 さいたまVSスイリュー

 

決勝は案の定、さいたまVSスイリューとなりました。スイリューは高速で攻撃をくりだしますが、さいたまにはノーダメージ。やはりさいたまは強いです。戦いの最中で、スイリューはヒーローをけなすような発言をしてしまいます。そのことに激怒したさいたまはスイリューの攻撃によりカツラが落ちたことに気づきませんでした。
被り物がばれたさいたまは失格となり、スイリューの優勝となってしまいました。スイリューは結果に納得できず、闘いを続けます。スイリューの武術を見て、さいたまは…
「なるほど!武術とは、何かかっこいいものだな!」
と物凄い浅い発言。浅すぎる理解に激怒してさいたまに突っ込んだスイリューですが…
ヒップアタックをくらい場外であえなく敗北。スイリューかわいそうです。

最後に

ジェノスはどうやら災害レベル竜のゴウケツという怪人に倒されたようです。そのゴウケツは武闘大会に向かっている模様。さいたまと出会うのか。武闘大会は終わってしまいましたが今後どうなっていくのでしょうか。気になるところです。